ueki植木 俊哉

東北大学理事 / 東北大学男女共同参画委員会委員長 / 男女共同参画推進センター長

東北大学は大正2年(1913年)、当時の国立大学として初めて女性に門戸を開き、3名の女子学生を理学部へ入学させました。その伝統のもと、平成13年に全国に先駆けて、全学的組織として男女共同参画委員会を発足させ、翌平成14年に「男女共同参画推進のための東北大学宣言」を策定し、男女格差の是正、研究・労働環境の改善、学内保育園の設置・運営を含めた両立支援体制の充実などに努めてまいりました。

平成18年度から、男女共同参画の推進施策の充実に加え、特に女性研究者の支援のため「女性研究者育成支援推進室」を設置し、文部科学省の支援事業として採択された「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」(平成18年から3年間)及び、「杜の都ジャンプアップ事業for 2013(平成21年度HP平成22~25年HP)」(平成21年度から5年間)を実施してまいりました。平成26年度からはこの成果を踏まえ、大学独自の予算でこれらの事業を継続しています。さらに平成28年度には、文部科学省 科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)に本学の「杜の都女性研究者エンパワーメント推進事業」が採択されたことを契機に、今後ますます女性研究者が活躍できる環境を整備していく所存です。

また、平成25年(2013年)には、日本初の女子学生が入学してから100年を迎えたことを記念して、「男女共同参画推進のための行動指針」の策定及び発信、並びに記念シンポジウムの開催などの行事を展開しました。本学におけるこれまでの男女共同参画の歴史を振り返り、次の100年に向けた取組として、これまでの女性研究者育成支援推進室を発展的改組し、本学全体の男女共同参画活動を円滑に推進することを目的とした「男女共同参画推進センター」を設置することとなり、平成26年4月に発足いたしました。

男女共同参画推進センターでは、「行動指針」に基づき、男女共同参画委員会を支援して1)両立支援・環境整備、2)女性リーダー育成、3)次世代育成、4)顕彰制度、5)地域連携、6)国際化対応、7)支援推進体制、の7プログラムを実施しています。

今後も様々な取組を通じて男女共同参画の推進に励んでまいりたいと存じます。
どうぞ皆様の一層のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成28年12月